コラム

購入申込を入れていました埼玉県秩父郡横瀬町の山の中の空き家を利用できるようになりました。

前々から(昨年2020年から)購入申込を入れておりました埼玉県秩父郡横瀬町の山の中の約100坪の庭付きの家を、売主さん側の都合でペンディングになっていましたが、2020年2月19日の今日に契約して、今日から利用できるようになりました。

インフラにつきましても、水道・電気・ガスは既に手続きを済ませまして、あとはインターネット環境などを整えていきたいと思います。

前のオーナーさんは、35年くらい前に別荘としてこの場所に家を建てたけれども、お子さんもおらず、ご高齢になり、いわゆる終活として整理したい意向のようでした。写真の通りで、DIYしがいのある家かと思っています。庭には写真の通りで柚の木や梅の木や柿の木があり、前のオーナーさんは別荘として四季折々楽しんでいたことが想像できて、そういう想いを想像しつつ大切に跡を継がせていただきます。

今回の埼玉県秩父郡横瀬町のこの不動産物件の購入金額は、代表者である私星野が、さいたま市の大宮で今住んでいますマンションの1年半分ちょっとの期間の家賃くらい、と考えると、そのような数百万円規模の物件は、今はコロナのタイミングで一旦少なくなっているかもしれませんが、次の10年20年を見たら確実に増えるはずと考えておりますので、まずはその活用の知識と経験と人脈を増やしたいと思います。

他にもやりたいことがいくつかあります。秩父の方の会社の本店所在地にするのはもちろん、テレワークやワーケーション施設としても利用できれば良いかなと思っています。この秩父郡での次の動きは、この空き家の改修と改装、あと、Yahoo!ニュースやdocomoニュースやLINEニュースなどにコンテンツを配信している「大宮経済新聞」と「浦和経済新聞」をさいたま市の方で経営している株式会社の方では運営していますので、秩父市・横瀬町・長瀞町・小鹿野町・皆野町・東秩父村という1市4町1村を取材対象地域とした「秩父経済新聞」の創刊が決まりまして、4月1日オープン予定のため、取材をして公開までの初めの10記事くらいを集めるのと、秩父郡でのもちろん有償で報酬と取材実費をお支払いする形でのライターさんの募集もしていくことになります。

ともあれ、まずは空き家を改装するスキルセットを高めたいですね。もし上手くいけばですが、今年はあともう1物件くらい数百万円規模の空き家か土地を購入できればとも現時点では思っています。

会社は会社の理念や目標はありますが、私個人の目標は変わらず、自分が居たからこの業界がこうなったとか、自分が居たからこの地域がこうなったとか、いうことをしていくことが、私個人としての目標です。それを一番実現しやすいのは事業者であると思っており、特に地域のこととなると地場の中小企業の社長と思っています。そう思っているから、事業者をしているし、地場の中小企業をしているところもあり、今後とも頑張っていきたいと思っています。